アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

workawayを利用してお得に旅行しよう!その2:ホストを探す

こんばんは。前回に引き続き、workawayの紹介です。前回はworkawayの紹介と登録方法を説明しました。今回はworkawayでホストを探す方法と、実際に働き始めるまでのホストとのやりとりについてご紹介します。

workawayホストとの連絡方法

 

前回の記事

www.taiwanlife.link

 

ホストの探し方



登録が完了したら、ホストを探しましょう。

workawayホストの探し方


画面左上にある「HOST LIST」をクリックして、ホストを検索しましょう。検索結果の中から自分の条件にあるホストを探します。


台湾無料で宿泊する

こちらはホストのページ左上にあるものです。ホストからの返信率やレビュー、募集期間や曜日を見ることができます。ホストから返信がない場合や先方はこちらの希望期間に働けない場合もあります。心配な方は複数のホストにコンタクトを取ってみるといいでしょう。台湾の場合は、ほとんどが返信率100%ですが、ヨーロッパなどは返信が全くない場合も多いようです。


各募集ページ内には、仕事内容や待遇、募集条件、求められる言語などが記載されています。必ず読みましょう。



ホストとのコンタクトの取り方



自分の希望条件とホストの募集条件がマッチする募集が見つかったら、ホストのコンタクトを取ってみましょう。

海外無料宿泊


募集ページ左上部にある、「Contact」(上図の赤枠で囲んだところ)から連絡を取ります。

workaway注意点

メッセージを送るページに移動します。こちらから、働きたい旨と期間を書いてメッセージを送ります。働きたい期間が正確に決まっていない場合は、目安の期間を画像下部にある「Arrival」「Departure」を設定した後、その下にある「I am filexible on these dates」をオンにします。メッセージを送信したら、ホストからの返事を待ちましょう。


ホストから働ける旨が届いて、当日の到着時間など一通りの必要なやり取りが終われば、workaway上のやり取りは終了です。後は当日現地に行くのみ!


事前確認しておきたいこと



現地に行く前に疑問点や連絡したいことは事前に伝えておきましょう。例えば、勤務時間帯や自由時間はいつあるのか、持って行くものはあるかなどです。また、休みたい日があれば事前に相談しておくと、当日のトラブルを防ぐことができます。


特に勤務時間や時間帯は必ず確認しておくことをお勧めします。ホストによっては事前に聞いていたよりも長時間働かされる場合があります。ホスト先がゲストハウスの場合、宿泊者数などは日によって異なるので、勤務時間や勤務時間帯がバラバラになる可能性があります。ある程度は事前に聞いていたよりも長時間勤務になってしまうのは、仕方ないこともあります。ですが、それが何日も続いてしまうのは考えものです。もしそうなってしまった時のために、抗議できるよう事前に確認しておくと良いでしょう。


その3では実際に台湾で体験してきたことをご紹介します。