アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

高鐵台南駅から奇美博物館まで無料で行く方法

こんばんは。奇美博物館をご存知ですか。今、人気急上昇中の台湾・台南の観光スポットです。奇美博物館は台湾鉄道台南駅や高鐵台南駅からは離れた場所にあります。しかし、奇美博物館へ高鐵台南駅から無料で行く方法があるのです。

 

奇美博物館とは


奇美グループという、日本でいうと三菱や三井住友のような大きい会社が台湾にあります。その奇美グループの社長が集めたコレクションが展示している博物館です。
ここは本当に台湾か!?と見紛うほど外観は西洋風で、中世の時代から近代のものまで様々な作品が展示されています。

入館は事前予約制ですが、空きがあれば当日券も購入可能です。ただし、週末は混み合うので、事前予約していく方が良いでしょう。

予約はインターネットで行えます。予約ページ自体は中国語または英語ですが、一部のページは日本語もあります。
予約はこちらからどうぞ。

www.chimeimuseum.org


予約時に金銭のやりとりは発生しません。入場料は当日支払います。

奇美博物館への通常アクセス





1)台湾鉄道(火車)保安駅より徒歩
2)台湾鉄道(火車)保安駅よりバス
3)高鐵台南駅より台湾鉄道保安駅(火車)まで行き、1)または2)
4)タクシー


詳しく説明していきます。

1)2)台湾鉄道(火車)台南駅→保安駅

火車台南駅路線図


こちらが台南市台湾鉄道の路線図です。シンプルですね。

沙崙線「沙崙」、「潮州」、「屏東」行きの「區間車」という普通電車に乗りましょう。

台南駅から保安駅までは乗車時間6分、乗車賃は15元です。

保安駅からは徒歩15分程度です。
バスを利用する場合は、「紅3、紅4、紅3-1」番のバスに乗り奇美博物館で下車します。
台湾のバスに乗るときは、乗りたいバスが来たら手を上げて乗りたい意思を伝えます。
手を上げ忘れると、止まってくれませんのでお気をつけください。
下車するときは、日本と同じように、降りるバス停の一つ前になったら、下車ボタンを押しましょう。

3)高鐵台南駅→台湾鉄道保安駅

台湾鉄道沙崙線から台南駅方面の區間車に乗りましょう。乗車時間は約25分、乗車賃は25元です。

保安駅に到着したら、1)または2)の方法で奇美博物館へ向かいます。

4)タクシー
台湾鉄道台南駅、保安駅、高鐵台南駅など最寄り駅からタクシーという手もあります。
高鐵台南駅からだと約300元のようです。


高鐵台南駅から奇美博物館まで無料で行く方法


さて、ここからが本題です。
高鐵台南駅から無料で奇美博物館まで行くことができるのです!

実は高鐵台南駅は市内まで行く無料のシャトルバスが存在します。
そのシャトルバスが奇美博物館に停車するのです。

では、さっそく乗り方を見てみましょう。

高鐵台南駅から奇美博物館まで無料で行く

2番出口を出たところ

高鐵台南駅2番出口から出るとバスが2台止まっています。
そのバスが台南各所まで運んでくれる無料のシャトルバスです。

バスはH62奇美病院行き、H31台南市政府行き2つあります。
H31台南市政府行きのバスに乗りましょう。1時間に大体2、3本バスが出ています。

間違えると、どえらいところに連れて行かれますので、ご注意ください。
バスにどこ行きのバスか表示があります。

高鐵台南駅シャトルバス路線図

シャトルバスの路線図


スーツケースがある方は、運転手さんにお願いしてスーツケース置き場に荷物を置いてもらいましょう。

バスに乗り込んだら、空いている席に座ります。バス内では飲食禁止ですのでお気をつけください。
最初の停車駅が奇美博物館ですので、バスが動いたら停車ボタンを押してください。

奇美博物館は英語で「CHIMEI MUSEUM」です。「チーメイ」と聞こえたら、そこが停車駅です。
降りるときはスーツケースをお忘れないように。

バス停に到着しましたら、そこから徒歩15分で博物館正面入り口につきます。
*バス停の住所は台南市仁德區二仁路です。

シャトルバスを利用する際の注意点


このシャトルバスはあくまでも高鐵台南駅から台南各所へ行くためのバスです。
そのため、出発点か到着点が高鐵台南駅でなければなりません

つまり、
高鐵台南駅→奇美博物館
または
奇美博物館→高鐵台南駅
しか利用できません。

たとえば、高鐵台南駅→奇美博物館に行った後、奇美博物館→台南市政府
は行くことができません。(そもそもバスに乗れません。)
なので、帰りは一度高鐵台南駅へ戻るか、台湾鉄道保安駅まで行く必要があります。

とはいえ、高鐵台南駅から奇美博物館へ行く場合や、奇美博物館から高鐵台南駅へ行って、そのまま高雄や台中、台北など他の都市へ移動する人にはぜひお勧めですので、利用してみてください。