アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

花蓮でガチョウを食べてみよう!鵝肉先生

こんばんは。台湾人の友人と北京ダックのダックはアヒルか鴨か、と大論争したan-miです。英語でDuckと調べると、どちらの意味もあるようですね。日本だと北京ダックはアヒルが一般的ですが、台湾では鴨肉が一般的なのかもしれません。
さて、今日はアヒルでも鴨でもなく、ガチョウ(鵝肉)料理が食べられる花蓮のお店を紹介します。

日本でガチョウを食べるのは難しい


日本でガチョウを食べようと思っても、なかなか食べれないですよね。
フランス料理店に行って、ガチョウのコンフィを食べるなどしなければ、なかなかお目にかかることのない食材です。
ましてやガチョウをメインとした料理屋さんなんて、日本に数えれる程度でしょう。

ところが台湾は違います。
台湾では牛・豚・鳥ほど一般的ではありませんが、ガチョウが食べれるお店がたくさんあります。
せっかく台湾に来て、日本ではなかなか口にすることのない食材を食べないなんてもったいないです。

今回は花蓮で有名のガチョウ料理のご飯屋さんを紹介します。


鵝肉先生

 

鵝肉先生の紹介


お店の名前はズバリ!「鵝肉先生」。
「先生」は中国語で「Mr.」の意味ですから、「Mr.ガチョウ」といったところでしょうか(笑)お店の外観とは裏腹になかなかイケているネーミングセンスだと思います。

鵝肉先生のガチョウ


お店の外からはさばかれた新鮮なガチョウを見ることができます。これだけ見ると、ガチョウなのか何なのかわからないですが、期待大です!


「鵝肉先生」へのアクセス

 



住所:花蓮縣花蓮市中山路259號
営業時間:11:00-23:00


花蓮駅からは徒歩約25分、花蓮観光地の一つ、「花蓮文化創意產業園區」までは徒歩10分程度です。

「鵝肉先生」の料理


まずは早速ガチョウ料理をご紹介します!

鵝肉先生の鵝肉


鵝肉、お値段なんと時価

メニュー表には毎斤350元とあります。
鵝肉は部位が「前」「後」と選べます。
「前」はガチョウさんが痩せているため脂身が少なめ出そう。
「後」は痩せている部分と太っている部分とミックスのため、「前」と比較して脂身が多いようです。もちろん「前」「後」両方注文することができます。写真の鵝肉も「前」「後」両方注文したものになります。

まずは試しに「前」「後」と100元ずつ注文するのが良いのではないでしょうか。

店内に小皿にソースを入れるコーナーがありますので、ソースを取ってきて鵝肉をつけて食べましょう。
お皿に添えてある生姜と一緒に食べると美味です。

鵝肉先生の魯肉飯

魯肉飯25元

このお店は鵝肉だけでなく台湾料理も食べれるのです。
それにしてもこの魯肉飯、25元なんて安すぎです。台北よりは10元は安いような・・・。
an-mi実は南の方の魯肉飯が苦手です。高雄や台南の魯肉飯ってちょっと味付けが甘くないですか?それで花蓮の魯肉飯も甘かったらどうしようと危惧していたのですが、結果は見事な醤油味で美味でした!
強いて言えばこのお店の魯肉飯の豚肉はちょっと脂肪分のある部位が多いかも、ということです。an-miはあまり脂肪分のあるお肉は好きではないのでその点は残念でしたが、一般的に脂分が多いほうがジューシーと言われておりますので殿方にとってはぴったりだと思います。

もちろん白ご飯だけのメニューもありますので、鵝肉を乗せてなんちゃってガチョウ丼もできます。

鵝肉先生のA菜

燙青菜(A菜)小30元大50元

A菜って何だろう。日本でいうと何という名前のお野菜かな?と思っていたらA菜はA菜という、台湾ではごく一般的に食べるお野菜の名前のようです。日本ではあまりお見かけすることのない野菜です。
中華圏ではよく食べる野菜のようでして、日本だと中華料理屋さんで食べることができるお店があるようです。
レタスの仲間だそうでしゃきしゃきしていて味に癖はありません。一度試してみてくださいね。

鵝肉先生のきゅうり


凉拌小黄瓜30元

見た目はまさに!日本の居酒屋にある、やみつききゅうりです(笑)an-miは居酒屋のやみつききゅうり・ピリ辛きゅうりに目がないので、思わず注文してしまいました。写真の通り、唐辛子が入っていますがきゅうり自体はそんなに辛くありません。
お味は醤油味です。
日本で様々な居酒屋でやみつききゅうり・ピリ辛きゅうりを食べてきたan-miから言わせると、日本のほうが美味しいと思ってしまいました(笑)
ただし、日本でこれらを注文すると安くても270円だと思いますので、コストパフォーマンスは最高です。

まとめ


「鵝肉先生」のガチョウはメイン料理ではなくおかずの一つとして食べることができます。先ほど紹介したメニュー以外にも麺料理なども食べれますので、ガチョウを堪能しつつ、他の台湾料理も楽しめちゃう欲張りなお店です。
旅行で台湾に来られた方なら滞在日数も少ないでしょうから、一回の食事で色々な料理が楽しめるのって重要ですよね。
ましてや花蓮なんて、台北から行くのだけでもとても時間がかかります。旅行中は1回1回の食事が大事になってくると思いますので、色々食べてみたい!という方はぜひ行ってみてください。


花蓮でワンタン食べたい方はこちらの記事をどうぞ

www.taiwanlife.link