アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

あなたは損していませんか?花蓮観光スポットの入場券にはお得な金券が付いているんです!

おはようございます。an-miです。花蓮に行ったら観光地巡りをされるかと思います。入場料を支払う施設に入ったら、入場券は捨てずに確認してみてください!お得な金券が付いているかもしれません。

花蓮観光スポットの入場券を見てみましょう

 

花蓮松園別館入場券

花蓮吉安慶修院入場券


上記の写真はそれぞれ花蓮の観光スポットである「松園別館」「吉安慶修院」の入場券です。
入場券にはそれぞれ金額が書いています。
「松園別館」は25元
「吉安慶修院」は30元

これは私が各施設に入館するときに支払った金額です。
「松園別館」は、an-miは学生料金で入館したため、25元でした。通常、大人は50元です。

この券、金額が記載しているところに両券に何やら怪しい文字が書いて有ります。
「抵用券」「抵用聯」「消費券」・・・。

この文字、なんだと思われますか?ごく普通の入場券にしてはちょっと怪しい文字が羅列してありますね。

そうです。この入場券はただ、入館料を支払ったことを証明するだけの券ではないのです。

「抵用券」「抵用聯」「消費券」


そう、この意味は・・・
なんとこの金額分、金券として使用できるのです!


つまり、上記の施設の場合、
「松園別館」は25元
「吉安慶修院」は30元
それぞれ、金券として施設内のお店で使用できます!


なんと太っ腹!
うまく使えば、入館料の元が取れちゃうのです!
例えば、「吉安慶修院」の場合、私は入館するのに30元支払いました。
30元といえば、入館料としては日本からするとただでさえ破格の安さだと思いますが、それに加えて、この入場券を使って「吉安慶修院」内のお店で商品も買えます!
わたしは喉が渇いたので、美味しいジュースをいただきました。
「吉安慶修院」の館内は飲食可能でしたので、快適に見学できました。
「吉安慶修院」で和室を見学できるスペースがあります。そこは飲食を控えた方が良いかと思います。


この金券のせいか、「吉安慶修院」では、30元で購入できるアイスやジュースがあるので、来場者の皆さんのほとんどがアイスやジュースを手に観光しておりました(笑)
ちなみに、「松園別館」は50元で購入できるものが限られているので、使用している人はあまり見ませんでした。


使い方


お会計のときにこの入場券を渡す

以上です!金券分ぴったりの金額の商品を購入することもできますし、金券の金額以上の商品を購入する場合は、商品と金券の差分だけ支払えば良いです。

注意点としては、1回のお会計で使用できるのは金券1枚だけです。
1回のお会計時に複数の金券を使用することはできません。


an-miは他の施設は行っていないので、他の施設にもこの金券がついているかはわかりません。ですが、もし入場券にこの文字を見かけたら金券として使用できます!
花蓮に旅行される方は、入場券をすぐに捨てないで、よく確認してみてください。

お得に花蓮旅行を楽しんでくださいね!


*この記事は2016年10月25日のものであり、変更等が生じる場合もございます。ご了承ください。