アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

【11月】台湾人女性の服装について

こんにちは。an-miです。11月が過ぎましたので、勝手に恒例企画「11月の台湾人女性の服装について」を始めます!台湾旅行の参考にしてくださいね。

 

台湾の11月の服装

 

台北の冬は雨季と心得よ



まずは、天気についてです。日本の雨季は6月ですよね。台湾の雨季は冬です。特に台北は雨が多く、他の地域は晴れているのに、台北だけ雨ということはよくあります。今年の11月も例年のごとく、半分以上が雨でした。

台湾、特に台北に旅行する方は必ず傘の用意と、雨用の靴をご持参ください。

台湾の気温



今年が異常気象なのかもしれませんが、日によって温度差が激しかった月でした。
10月末に急に温度が10度ほど下がり、一気に寒くなったかと思えば、11月中旬は真夏のように熱く、タンクトップ一枚でも問題ない気温でした。
日本でも九州の方だと、秋から冬にかけて急に気温が変わることがあるようですね。台湾も同じで急に温度が下がります。
とはいえ、やはり冬。そんな暑い日でも夜は涼しくなります。
平均的に20度弱の気温の日が一番多かったです。

また、台湾も日本と同じく縦長の島国なので、場所によって温度差があります。
例えばこちらをごらんください。

台湾11月の天気

これは11月4日の台湾各地の天気予報です。最高気温が台北と台中だけでも5度も差があります。
必ず出かける地域の天気予報を見た方が良いでしょう。


台湾での服装は



11月の気温が読めないということがわかったところで、具体的にどういう格好をすれば良いかまとめました。


暑い日・・・夏と同じ格好
20度前後の日・・・日本の20度前後*ただし台北にいく場合は、日本の20度前後の格好よりも少し暖かめの服装をする

靴・・・台北の場合は雨用の靴が必須

台北の場合、湿度が高いため底冷えするのです。そのため、実際の気温より体感温度は数度低くなります。そのため、天気予報で書いている気温より肌寒く感じます。
少し暖かめの服を持っていくか、秋用の羽織ものを持っていくと良いです。
とはいえ、日本よりは暖かいので(沖縄を除く)、日本の11月と同じ格好でいくと暑いかもしれません。

他の地域、特に南の方は台北より暑いので、日本の9、10月の格好でいいかと思います。

台北に旅行する方は必ず雨用の靴を用意しましょう。旅行中、ぐちゃぐちゃになった靴をずっと履くのは嫌ですよね。台北は天気予報が晴れでも雨が降ったり、雨でなくてもどんよりとした日が多いです。その他の地域に旅行する方は、天気予報によっては雨用の靴はいらないでしょう。


雨の日はビーチサンダルで歩いている人もたまにいますが、女性は少ないです。台湾女性の中で11月は冬。冬にビーチサンダルは履かない。という意識があるのかもしれませんね。

ブーツを履いている人はたまに見かけますが、日本人にとってはかなり暑く感じると思います。ブーツ履くならショートブーツ程度にしましょう。長靴も同じく、短い丈の長靴なら大丈夫ですが、ロング丈だと蒸れまくりです。
パンプスやスニーカーが無難かと思います。

台北に旅行の方は、そんなに日差しが強くないので日傘は必要ありません。台南や高雄に行く方は、荷物に余裕があれば日傘があると良いです。晴雨兼用の傘でもいいですね。また、日焼け止めをしっかり塗っていきましょう。南の方は11月でも日差しが強いです。

まとめ


台湾に来る時は必ず滞在中の天気と気温を確認してください。暑い日が続くようでしたら半袖を、20度前後なら長袖の服を着ましょう。
ただし、暑い日でも夜は冷えることがあるので、羽織ものを1枚持っていくと便利です。