アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

【3月】台湾での女性の服装と気温について

こんにちは。an-miです。勝手に連載企画、「3月の台湾での女性の服装と気温について」です。日本は3月になると一気に春めいてきますよね。台湾も3月から暖かく・・・いえ暑くなります。さて、3月に台湾に訪れたら何を着ればいいのでしょうか。

3月台湾の服装

 

おしゃれが楽しめる季節、それが3月


個人的に春や秋は重ね着ができておしゃれが楽しめる季節だと思っています。台湾・台北の3月はまさにそれで、重ね着を楽しむことができる季節です。まず、こちらをご覧ください。

3月の台湾の気温


台北の気温の移り変わりです。最高気温、最低気温ともに20度前後のところをウロウロしています。3月下旬にもなると短いスボンを履いている人がちらほら現れ始めます。


服装としては、少し分厚めの上着と春物の服を合わせるといいかと思います。バイクに乗っている人はダウンを着ている人もいますが、日本人にとってはかなり暑いと思います。


台湾では韓国ブームが続いており、台湾女性は韓国風のお姉さんスタイルの方が非常に多いです。ときどき、日本大好き!な台湾女性が日本風のかわいい服を着ているのを見かけますが、少数派です。


相変わらず月の半分は雨ですので、汚れても構わない靴で来ましょう。ブーツは暑すぎるので厳禁です。蒸れて足が悲惨になること請け合いです。また、雨傘は必須アイテムです。台北は3月下旬以外は日焼け止めは不要です。日傘をさしている人もいません。


まるで夏のよう・・・台湾南部の気温



次にこちらをご覧ください。

3月の台湾の天気

台湾の南に位置する、高雄市の一週間の気温です。台北と比較すると、気温が3〜5度高いです。前回の記事でも書きましたが、台中や台南、高雄は日中は最高気温まで温度が上がり、夜は最低気温まで下がります。1日で温度差が激しく、まるで砂漠にいる気分です。


夜は比較的に過ごしやすい気温ですが、日中はとても暑いです。南部に行かれる方は日焼け止めは必須です。服装も日中は夏の格好、夜は春物の上着を羽織ることをおすすめします。



なお、台湾の中部に位置する台中の場合、一概には言えませんが、日中は半袖、もしくは薄手の長袖。夜は秋物のコートを羽織る気温の日が多いです。そして、天気は晴れの日が多いので、高雄と同じく日焼け止めが必須です。


まとめ



台湾のどこに行くかで、服装が異なります。台湾北部も南部も旅行する予定の方は、夏物の服と春先の服両方用意しておくことが無難です。少し荷物は多くなりますが、準備万端で出かけてくださいね。