アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

【1月】台湾人女性の服装について

こんにちは。an-miです。勝手に連載企画1月編です。1月、台湾旅行に来られる方はどんな服装をしたらいいのでしょう。早速見ていきましょう。*台北を基準としています。

台湾1月の服装

 

1月前半の台北の天気


台北1月の天気

こちらは1月初旬の台北の天気予報です。湿度の高さと雨マークの多さに驚きますね。気温だけで見ると、服装は秋の服装で良さそうですが、湿度が高い分、夜は冷え込みます。実際の気温より、体感温度は2度ほど低いと思っていただければいいかと思います。

そのため、男女ともに上着は分厚く、中の服は薄めの物を着ている方が非常に多いです。今年は暖冬なので、通常は上の図よりも寒いとのこと。

また、台湾は室内でも暖房が効いていない場所が多数あります。そのため、あまりに薄着で来ると後悔することになる可能性もあります。


1月後半の台北の天気

台北1月の気温


そして、こちらが1月後半の気温予報です。さすがに20度を超える日はありません。真冬の日本から台湾に遊びにくると、暖かく感じるでしょう。


現地の方は、さすがに生足の人はおらず、ダウンコートを着ている人が多数います。中にはロングブーツを履いている女性も!さすがにこれは日本人にとってはかなり暑いと思います。

また、雨や曇りの日が多いので、さすがに日傘をさしている人はいません。紫外線も日本の冬と同じくらいの強さだと思っていただければいいのではないでしょうか。そこまで紫外線を気にする必要はないでしょう。

1月の台北はどんよりとした小雨の降る日が続きます。旅行に来ても、全部雨だった。ということもありえます。小雨の日は冷え込みますので、先に述べたとおり、上着が真冬のもので問題ないでしょう。台湾の道はあまり綺麗ではないので、上等のコートを着てくることはオススメできません。汚れてしまう可能性大です。


1月に台南や高雄に行く場合

高雄1月の天気


こちらは台湾の南に位置する高雄市の気温予報です。夏か!と見紛う気温ですね。ここで注目していただきたいのは、最高気温と最低気温です。台湾南部の場合、日中は最高気温まで気温が上がる一方、早朝や夜は最低気温まで気温が下がります。1日で気温の変化が激しいのです。

そのため、南部の方はTシャツの上にダウンコートといった格好をよくしています。日中は暑いのでコートを脱いで薄着になり、夜になるとコートを着て寒さ対策をしている方が多数です。

また、南部は晴れの日が続きますので、日焼け対策は必須です。晴雨兼用の日傘があると便利ですね。


まとめ 

台湾1月の天気


上の図は1月23日の台湾の平均気温です。上の写真からもわかる通り、場所によって気温がまったく違うのが特徴です。北部に行かれる方は11月下旬ごろの服装、南部に行かれる方は夏服と冬用のコートを準備していくといいでしょう。


残念ながら冬に中部に行ったことがないので台中に関しては憶測なのですが、南部と同じような天候だと思います。なぜなら、台中は晴れの日が多い地域だからです。台北以外の地域に行く場合は、日焼け止めは必須です。