アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

【12月】台湾人女性の服装について

こんばんは。an-miです。勝手に連載企画。月別台湾人女性の服装についてのコーナーがやってまいりました!さて、12月は皆様どんな服装をされていたのでしょうか。旅行のご参考にしてください。

 

12月の台湾人の服装

先が読めない台北の天気


12月初旬はコートを着た方がいい気温だった一方、12月後半は例年より暖かい日が続きました。今年は異常気象の影響で暖かかった模様です。12月前半は15度前後の日もありましたが、後半は28度になった日も!もはや夏ですね。ただし、今年が特別なだけなので、来年は15度を下回る日も出てくるでしょう。12月に旅行に来られる方は、事前に台湾の気温を確認しておくとよいでしょう。

前回の「【11月】台湾人女性の服装について」にも記載しましたが、台北の場合、盆地になっているため実際の温度と体感温度は異なります。寒い日は実際の温度より2,3度涼しく感じるので、ご注意ください。台北以外の場所は、実際の気温と体感温度は大差ありません。

それでは、寒い日の服装と暖かい日の服装をそれぞれご紹介します。


12月台湾の寒いの服装について


男女問わず、ダウンコートを着ている方が多いです。男性なら、ダウンコートになぜかビーチサンダル(笑)。バイクに乗っている方に多いスタイルです。一見すると、寒いのか暑いのか全くわからない服装ですが、バイクに乗っていて万が一雨が降ってきてもサンダルなら不快な思いをしないので超合理的なファッションと言えるでしょう。

上着はダウンコートの他に、ダッフルコートやチェスターコートの方もいます。台北の服屋さんを覗くとチェスターコートがたくさん販売されていたので、今年の流行りなのかもしれません。

ズボンはスキニータイプが圧倒的に人気です。スカートをはいてる方もいます。


足元は、スニーカーのほか、フラットタイプのパンプスやオックスフォード・シューズ、時々ショートブーツを履いている方がいます。ロングブーツを履いている方もごく稀にいますが、12月の台湾の気温でロングブーツを履くと確実に蒸れてつらい思いをするのでオススメしません。台湾ではなんでもぺったんこの靴を履く人が多いです。台湾の道はガタガタしていたり、段差が多いので必然的に皆さんぺったんこの靴を履くのでしょう。旅行者の方も、ぺったんこの靴を履くことをオススメします。


オックスフォード・シューズってなんや?と思われた方。これをオックスフォード・シューズというらしいです。ファッション用語は細分化されてて、名前を言われてもピンとこないものが多いですよね。




12月台湾の暖かい日の服装について


先述の通り、28度になる日もありました。全くクリスマス気分にも年末気分にもなれず、変な感じです。台湾では暑いのになぜかダウンコートを着ている人を見かけますが、日本人にとっては暑すぎるのでコートは不要です。10月に着る服装でいいでしょう。

足元は、さすがにサンダルやビーチサンダルを履いている人はいません。スニーカーかフラットタイプのパンプス、オックスフォード・シューズを履いている方が大多数です。つまり、台湾がどんな気温だろうと、上記3つのどれかを履いていけば、まずはずれはないということですね。

まとめ


・台湾に旅行するときは事前に天気予報と気温を確認する
・台北に旅行する場合、気温が20度を下回るなら体感温度はそれよりも2,3度低いと心得よ
・寒くても暑くても、とりあえずスニーカーかフラットタイプのパンプス、オックスフォード・シューズのいづれかを履いていく

12月も台湾は雨季ですので、傘は必ず持ち歩くようにしてくださいね。