アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

【4月】【5月】台湾での服装について(女性編)

こんにちは。an-miです。しばらくサボっていた季節ごとの服装を紹介する企画、再開です〜。少しタイトルも変更しました。4、5月分まとめてご紹介します。

春の台湾の服装

 この時期の台湾は南部と北部では気温が異なりますので、地域別でご紹介します。


北部(台北)

4月


日本ですと4月の初旬はまだ寒いところが多いですよね。私の地元、関西では毎年寒い寒い!と言いながらお花見をしていた記憶があります。


一方台北はやはり南国の国、暖かいです。4月初旬から中旬は春秋用の羽織物を切る程度です。4月後半になると長袖1枚でも問題ないくらい一気に暑くなります。
4月初旬ですと足元はサンダルだと寒いかもしれません。ただし、街中では東南アジア出身の人を中心に、サンダルやショートパンツを履いている人を見かけます。

4月の台北の気温

ちなみに4月中旬の気温は上記の画像のようになります。飛び抜けて暑い日もありますが、基本的には日本の6月くらいの気温だと思います。


5月

5月半ばまでは4月と同じで長袖一枚で過ごせる快適な気温です。(とはいえ、日本から来た場合は暑く感じるかもしれません。)4月後半からは徐々に暑くなり、半袖一枚で過ごせます。


南部(台南、高雄)

4月、5月

暑いです(笑)。夏服で過ごせます。日差しもきつく、日焼け止め、日傘は必須です!南部の冬のように、日中と夜間の気温差が激しいようなことにはなりません。一日中暑いです!日焼けが気になる方や、冷房が苦手な方は羽織物を持っていくと良いでしょう。


4月の高雄の気温

こちらは高雄市の4月中旬の気温です。4月中旬までは長袖1枚でも過ごせそうですが、私が4月下旬に高雄に行った時は、1日中夏服で過ごしていました。



まとめ

世界中どこも異常気象なので一概には言えませんが、5月後半になると台湾のどこに行っても、完全に夏服で大丈夫かと思います。やっぱり台湾は南国の国ですね。