アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

日本で台湾人の友人を作る4つの方法

こんばんは。an-miです。外国人の友人を作るのって意外と難しいですよね。今回は日本にいながら台湾人の友人を作る方法を紹介します!この方法は台湾人だけでなく、他の外国人の友人を作るのにも応用できます。ぜひお試しくださいね。

 

台湾人友人の作り方

きっかけがなければ、外国人の友人はできない


私も大学のときに少しだけ大学に留学に来ていた外国人と知り合いましたが、深い付き合いにはならず、ちゃんとした外国人の友人ができたのは23歳になってからでした。
というのも、私は大学時代、専攻が国際学科などではなく、また大学が理系大学だったため、国際学科や外国語系の学科そのものがありませんでした。また、近所に外国人も住んでおらず、外国人とは私にとって遠い存在でした。

日本各地には多くの外国人が暮らしています。しかし、私のように、日常生活で外国人と知り合うのはとても難しいことです。
特に台湾人は顔が日本人と似ているため、話してみないと誰が台湾人かわかりません。自分から行動しないと友人どころか知り合うことでさえできません。

誰でも台湾人の友人は作れる


23歳になるまで、外国人の友人なんて一人もいなかったのに、現在私はたくさん台湾人や他の外国人の友人ができました。
台湾人に限って言いますと、台湾に来た今でも友人とは連絡を取っていて、一緒にご飯や旅行に行く仲です。

なお、台湾留学前の私の英語力はトラベル英会話レベル、中国語は「ニーハオ!」「シェシェ!」が言えるレベルでした(笑)
それでも台湾人の友人ができたのです。
それでは、どうやって私が台湾人の友人を日本にいながらゲットしたのか、4つの方法をご紹介します。

1)シェアハウスに住んでみる


これが一番おすすめです!

特にあなたが東京、京都、大阪、北海道に住んでいるなら本当におすすめです。
なぜなら上記4都市は台湾人がワーキングホリデーに行く都市トップ4だからです。

私は仕事の関係で京都のシェアハウスに住んでいたことがあるのですが、ほとんど外国人、特に台湾人がメインでした。
台湾人の友人が一気にできたのも、シェアハウスに住んでいたおかげです。彼女たちのほとんどが日本語が話せます。

シェアハウスが難しい方は、上記4都市に行く場合はゲストハウスに泊まってみるのもいいかと思います。
旅行中で宿泊利用している台湾人や、ゲストハウスで働く台湾人に会える可能性があります。

ゲストハウスに泊まる場合は、上記に加えて広島も台湾人に人気のスポットの一つです。そのため、台湾人に出会える確率が高いです。
冬ならば雪が降る地域の民宿やゲストハウスに泊まるのもおすすめです。
なぜなら、台湾で雪が降ることが珍しいため、台湾人の多くが雪を求めて、冬は寒い地域に旅行に来ます。
彼女たちは民宿やゲストハウスに泊まる人が多いため、知り合いになれる確実が高いです。

 

2)イベントに参加する


日台交流会が日本の主要都市では開催されています。それに参加すると一気にたくさんの友人ができます。

日台交流会の探し方は以下があります。

・「日本 台湾 交流会 地名」で検索して探す
・フェイスブックで交流会ページを探す


また、英語圏の人に有名なイベントサイトといえばこのサイトですね。

www.meetup.com


このサイトですと台湾人以外とも知り合う可能性もありますが、まずは外国人の友人を作る。という目的を持っている方ならおすすめです。


3)友人に紹介してもらう


台湾人の友人に台湾人を紹介してもらうのはもちろんのこと、他の国の人や日本人の友人にも聞いてみましょう。
ヨーロッパ圏の人と台湾人が友人だったり、会社の同僚が台湾人だ。など、意外と聞いてみると色々な人が台湾人と繋がっています。

友人の友人だと、素性もわかっているので安心ですよね。
日本にはたくさんの台湾人が住んでいるので、聞いてみると意外と台湾人と繋がりますよ。

4)インターネットを利用する


地方にお住いの方で、シェアハウス、ゲストハウス、イベントもない。そもそも外国人の友人がいなくて紹介してもらえない。
そのような方はインターネットで言語交換の友人を作る方法もあります。

「言語交換 台湾」「中国語 言語交換 募集」

などのキーワードで検索すると言語交換サイトが出てきます。
また、「Hello Talk」という言語交換アプリを利用するのも手ですね。

 

HelloTalk 相互学習 無料で英会話

HelloTalk 相互学習 無料で英会話

  • HELLOTALK FOREIGN LANGUAGE EXCHANGE LEARNING TALK CHAT APP
  • 教育
  • 無料

 


ただし、「言語交換」を前提としているので、難易度が上がります。

時々「友人になる」のを目的とした募集サイトがあります。「友人になる」募集サイトですと、あなたが中国語を話せなくても問題はないので、知り合いになれるハードルは下がります。
しかし、悪い人も紛れている可能性もあり、気をつける必要があります。もちろん、純粋に友人が欲しい方の投稿もあります。ですが、インターネット上でいい人か悪い人か見分けるのは至難の技です。

それよりは、「言語交換」を目的としたサイトの方が目的がはっきりしていますので、悪い人が集まりにくいかと思います。

ただし、それでもあくまでインターネット上で知り合うので、注意は必要です。
特にあなたが女性で実際に会うことになったら、複数人で会う、一目の多いところで遊ぶなど注意した方が良いでしょう。

フェイスブックで知り合うのは危険


フェイスブックを利用して、個人的に友人を作るのはお勧めしません。
時々、居住所を台湾にしていたり、交流会に参加していると、会ったこともない人や喋っていない交流会の参加者から友達申請が来ます。
私も以前、全然知らない人から友達申請が来て相手のタイムラインを見ると、日本女性に対して偏見を持っている台湾人で嫌な気分になったり、実際に気分の悪くなる目にあったことがあります。

フェイスブックは実名でやっている上に、過去の出来事などプライベートな情報が相手にバレます。もし、問題があった時に、面倒なことになる確率がグッと上がります。

自分の身を守るためにも、フェイスブックで知り合うのはやめた方が良いでしょう。

全く外国人の友人がいないなら、
まずは日本語が話せる外国人と友達になろう!


外国人と接する機会がないと、そもそも外国人と話すこと自体が緊張しますよね?
たとえ相手が日本語を喋れたとしても、「相手が外国人」ということを意識してしまい、話す時にパニックになってしまいます。

そこで、まずは日本語が話せる外国人の友人を作りましょう。そのときに相手がどこの国の人かはこだわらない方がいいでしょう。
まずは、外国人の友人を作って外国人と話すことに慣れるのが先決です。

そして、もしあなたが日本語しか話せないなら、日本語が話せる外国人と友人になる方が良いです。無理に英語で話しても、その時点で心が折れてしまいます。

まずは日本語が話せる外国人と友人になって外国人と接する機会を増やすことがおすすめです。

私はデンマーク人の友人と友達になったことをきっかけに、外国人の友人が増えました。彼は日本語が上手です。変な言い方ですが、彼のおかげで「外国人」に慣れることができました。
話しているうちに相手も同じ人間。どこの国から来たなどは関係ないんだ。相手そのものを受け入れれるようになったのです。

まとめ


私は外国人の友人がたとえ日本語を話せなかったとしても、友達は友達。人種は関係ないと考えれるようになりました。同じ日本人だって、性格の合わない人はいますよね。それと同じで、相手が何人かではなく、話や趣味が合うかどうか、本質の部分で友達になれるようになりました。
相手を日本人だと思って接すると、たとえ日本語が通じなくても仲良くなれるもんです。
私はあまり英語ができないのですが、ジェスチャーで冗談を言い合える日本語の全く話せない外国人の友人もいます。

まずは、相手が外国人だということを意識しないレベルまで自分を変えることができたら、自然と友人が増えるようになると思います。

それには行動あるのみです。ほんのちょっとの行動で、友人ってできるものです。
外国人の友人が増えると世界が広がりますよ!