アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

台湾居留ビザの延長方法

こんにちは。an-miです。先日居留ビザの期限が迫ってきたので、更新を行ってきました。居留ビザ申請と比較するとかなり簡単です。さっそく見ていきましょう。

 

居留ビザの延長



居留ビザの申請方法はこちらの記事をどうぞ

www.taiwanlife.link



申請前にやること


次学期の申し込みと学費の支払い


居留ビザの延長申請に必要な書類を集める前に、語学学校の次学期申し込みと学費の支払いを済ませておきましょう。これをしていないと、次学期も台湾にいる必要があることを証明できません。


なお、新しい居留ビザを発行してもらうのに2週間ほど時間がかかりますので、余裕を持って申請しましょう。


申請に必要な書類



・現在の居留ビザ
・パスポート
・在学証明書
・出席記録書
・申請書(移民局に置いてあります)


居留ビザの申請時に必要だった銀行の残高証明や健康保険証、証明写真は延長時には不要でした。

申請方法



お住まいの住所の市にある移民局に行きます。私は現在台北市に住んでいるので、小南門駅近くにある移民局に行きました。台北市の移民局の場合は、入り口付近にいる受付の方に居留ビザの延長をしたいと伝えると整理券と申請用紙をくれます。


自分の番号が呼ばれたら、係の人に書類を渡して終わりです。最後に何日に取りに来るようにと書かれた、領収証のようなものをもらいます。


居留ビザの受け取り



指定の受取日になったら移民局に取りに行きます。受け取り場所は入り口入って左側の、インフォメーションカウンターのようなところです。

居留ビザを受け取りに来た旨を職員の人に伝えましょう。もともと持っていた古いビザ(居留證)は新しいビザと交換で、職員の人に返します。
最後に、ビザを受け取った証拠として、名簿のようなリストに自分の名前と電話番号を記入します。


まとめ



私はまとめて数学期分の学費を先に支払っていました。なので、新しいビザの期限もその学期が終わるまで有効なものをもらいました。つまり、例えば語学学校で、3学期分まとめて申請・学費を払っている場合、次の更新期限は3学期後というわけです。これは居留ビザ申請時も同じでした。

1学期ごとでしか授業の申し込みができない語学学校の場合は仕方ありませんが、もしまとめて数学期分申し込みができる学校でしたら、まとめて申し込んでおくと何回もビザの更新に来なくて済むので便利です。