アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

台湾の語学学校通学者向け:居留証の申請方法

こんばんは。an-miです。今回は居留証の申請方法をご紹介します。今回ご紹介する方法は一番スタンダードな申請方法です。停留ビザで期限内に一度出国した、語学学校を途中で変更したなど、イレギュラーケースは別記事にまとめております。本記事の一番最後にリンクを載せていますので、そちらをご覧ください。

 

台湾居留ビザ申請方法

申請する時期



停留ビザの有効期限は90日間で、一度だけまた90日延長することができます。つまり停留ビザで滞在できるのは基本的には180日です。この期限が切れる前に居留ビザの申請をしなければなりません。

居留ビザを申請するには事前準備に時間がかかりますので、余裕を持って期限の切れる1ヶ月半~1ヶ月前から申請準備を行うことがおすすめです。

なお、居留ビザが不要な方は、停留ビザの期限が切れる前に日本に帰国して再度停留ビザを取得するか、どこか違う国に出国し、今度は観光ビザで滞在する方法があります。


申請の流れ



健康診断受診

健康診断表取得(受診後約1週間後)

銀行の残高証明証取得(台湾の銀行の場合、即日発行)

語学学校から在学証明書と出席記録表を受け取る

居留ビザのオンライン申請書記入

外交部にて居留証の申請

移民局にて居留証の申請(10日後)

移民局にて居留証の取得(約2週間後)


申請に必要な書類

外交部に提出する書類


・パスポートとパスポートのコピー1部
・申請書
・銀行残高証明証
・健康診断証とコピー1部
・証明写真2枚
・在学証明証
・出席記録表
・学習計画表
・手数料(3000元)

*成績記録表は必要ありません。
*銀行の残高証明は残高100,000元以上で居留証申請日から2週間以内に取得したもの。中国語、または英語で記載されたもの。
*健康診断は申請日から3ヶ月以内に受診したもの。
*学習計画表はA4用紙一枚に手書きで書いたものを提出します。ボールペンで記入します。中国語で書きましょう。


移民局に提出する書類


・パスポートとパスポートのコピー
・パスポートに貼られた居留ビザページのコピー
・申請書
・証明写真1枚
・在学証明証
・出席記録表
・手数料(1,000元)


申請方法

STEP1:健康診断を受ける



台湾にて健康診断を受ける必要があります。健康診断は下記ホームページに記載の病院にて実施されています。

www.cdc.gov.tw


健康診断時に必要な持ち物は
・パスポート
・受診料(病院によって異なる)
・証明写真2枚

健康診断の内容は


・問診票の記入(女性の場合、妊娠の有無も記入します)
・血液検査
・レントゲン

以上です。


レントゲンの際に女性は更衣室にてブラジャーを外すよう言われるので、着替えやすい服を着て来ることをおすすめします。ワンピースを着ていくと大変なことになるかもしれません。確か私の言った病院ではレントゲン用に専用の服を渡されたような渡されなかったような・・・。男性はこの着替える作業がないかもしれません。


日本ではしかの注射を打っていない方は、健康診断結果が渡された際に、注射を打たれるようです。(別途料金発生)



健康診断受診後、先方の指定する日に再度結果を取りにいきます。私が行った病院の場合、受診後1週間後に結果を取りに行きました。


STEP2:銀行の残高証明証取得



台湾の銀行の場合、即日発行となります。発行に必要な手数料は50元です。安いですね。なお、残高は100,000元以上なければいけません。日本の銀行の証明証を使用する場合、USドル建てした預金残高を提出します。居留証申請日から2週間以内の証明証でなければいけませんので、ご注意ください。

*80,000元でもいう職員さんもいらっしゃるようですが、念のため100,000元以上確保しておくことをお勧めします。

STEP3:語学学校から在学証明書と出席記録表を受け取る



台湾大学語学学校の場合、学校のホームページより申請し、申請日から1~2日後以降受け取りが可能です。手数料はありません。

なお、途中で語学学校を変更した場合前の学校と現在通っている学校の2つ書類を提出する必要があります。詳しくは別記事にて紹介しております。本記事最後にリンクを貼っておりますので、ご参照ください。


STEP4:居留ビザのオンライン申請書記入



こちらのホームページより、申請書を作成します。

線上填寫簽證申請系統



全部記入が出来ましたら、申請書を印刷しましょう。


STEP5:外交部にて居留証の申請




外交部にて提出物全て持参して、居留ビザの申請を行います。台北の外交部の場合、ビザ申請場所は2階エスカレーター上がって反対側の場所にあります。比較的空いております。番号札を取る機会(掛號)がありますので、番号札を取ってお待ちください。


外交部2階にはコピー機がありますので、こちらでも必要書類をコピーすることが可能です。


なお、語学学校を欠席している日がある場合、なぜ休んだのか理由を聞かれる可能性があります。理由を考えておいてくださいね。ちなみに私は家族が来たのでと答えました。


特に書類に問題がなければ手数料を支払い、終了です。先方から○月○日にまた来るよう言われます。私の場合は10日後でしたが、人によって若干異なるようです。この際にパスポートを回収されます。申請期間は台湾から出国できませんのでご注意ください。


10日後パスポートを受け取りに行くと、居留ビザが貼られたパスポートが返却されます。


STEP6:移民局にて居留証の申請


パスポートを受け取ったら15日以内にお住まいの市の移民局に行きましょう。移民局で居留カードを受け取るためです。提出書類はこの記事の上部に記載しています。なお、申請書は移民局に置いてありますので、その場で記入します。もし既に台湾のマイナンバー(中華民國統一證號)を取得している方は、申請書にその番号も記入します。


番号札を受け取って(台北市内の移民局の場合、入り口右側にあります。申請書も同じく入り口右側)、1階奥にある窓口前で順番が来るまで待ちましょう。


必要書類を窓口にて提出して問題がなければ領収書のようなものがもらえます。また、窓口の方から〇〇日に居留カードを受け取りにくるよう言われます。私の場合、受け取り日は申請日から2週間後でした。


受け取り日が来たら、居留カードを受け取りに移民局にいきます。台北市内の移民局の場合、今度は番号札を取る必要もありません。入り口左側にあるインフォメーションセンターに直接領収書を提出して、カードを受け取ります。


これで全ての作業はおしまいです。お疲れさまでした。



まとめ



上記の居留証申請方法はもっともスタンダードな方法です。来台後、一度も台湾から出ず、語学学校も変更しなかった方は、この通りにすれば問題なく居留証を受け取ることができます。


私の場合、実は停留期限内に一度出国したり、途中で語学学校を変更したりしました。この場合、必要な書類や申請時期が異なってきます。このような特殊ケースの場合は、こちらの記事をご参考ください。

www.taiwanlife.link



こちらは台湾外交部のホームページです。英語が読める方はこちらのページもご参考ください。

Bureau of Consular Affairs, Ministry of Foreign Affairs - RESIDENT VISAS FOR STUDYING MANDARIN CHINESE