アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

【語学留学生向け】工作許可証の取得方法

こんばんは。an-miです。お久しぶりの更新となってしまいました。今回は、あまりネット上で工作許可証(台湾で仕事をするために必要なビザ)の取り方の情報が載っていないので、今回はその情報をご紹介します。なお、基本的には台湾の大学・大学院に通っている人と取得方法は同じだと思います。

 

台湾で働くには仕事用のビザが必要である

台湾でバイトなどをしてお給料をもらう場合、ワーキングホリデービザや工作許可証というビザが必要です。
語学学生の場合は、語学学校に通い始めてから(授業開始日から)1年経過した時点で、この許可証の申請をすることが可能です。ビザなしで働くのは違法になるのでお気を付けください。

語学学生の場合、停留証を取得してから半年後に居留証を手に入れることができますが、それだけでは台湾で働くことができません。必ず、來台後1年以降に工作許可証というビザを申請する必要があるのです。

なお、ビザ取得に必要な書類や勤務条件は、語学学校によって多少異なること、台湾政府の制度はよく変わるので、今後変更される可能性があるのでご注意ください。あくまで、参考適度にしていただければ幸いです。
 
ビザが取得できる最低条件

・居留証を持っている
・台湾の語学学校に通って1年以上経っている
*来台から1年ではなく、語学学校の最初の開校日から1年経っていること
例)2017年1月1日から授業開始→2018年1月2日以降から申請可能

ビザ取得の流れ

語学学校で申請に必要な書類をもらう

書類の記入と書類申請時に必要な書類を集める

語学学校に書類を提出する

労動部労動力発展署にて申請する

ビザをもらう

台湾の仕事許可証

ビザの取得方法

STEP1:語学学校で申請書をもらう



今回は私が所属する文化大学のパターンをご紹介します。
語学学校のオフィスに行き、工作許可証を申請したい旨を伝えると、申請書をもらえます。文化大学では日本語の書類をくれますので、安心ですね。

STEP2:書類の記入と書類申請時に必要な書類を集める



申請書にはどんな書類が必要か書いてあります。私の時は下記のものが必要でした。

1)語学学校でもらった申請書
2)学生証のコピー(裏表)
3)語学学校の成績証明書(1年分)
4)パスポートのコピー
5)銀行の残高証明証
6)在学証明証
7)居留証のコピー*


*次学期の学費はお支払いを済ませておいてくださいね
*「7)居留証のコピー」に関しては、すみません、記憶が曖昧なのですが、確か必要だったと思います。もし、準備していなくても、語学学校のオフィスの人にお願いして、提出日にコピーを取ってもらうことも可能です。

順番に説明していきます。


1)語学学校でもらった申請書

これは語学学校によって内容が多少異なると思います。今回は、私が通っている台北にある文化大学の語学学校の書類を例にご紹介します。

こちらが実際の申請書類です。

台湾バイト
順番に書いていきましょう。学生証のコピーはこの用紙に貼ります。私は語学学校のオフィスの人にお願いしてコピーしてもらいました。

f:id:an-mi:20180130154851j:plain

この用紙は、すでに勤務先が決まっている場合は、勤務先の方に書いてもらう用紙です。まだ決まっていない場合はこちらの用紙は提出不要でした。

台湾工作許可証


この用紙には、どうして台湾で働かなければいけないのか、理由を書きます。確か、少なくとも200字以上書くように言われたと思います。これは語学学校や担当者によって違うと思いますし、他の語学学校はもしかしたら、この書類は不要かもしれません。

わたしは、経済的な理由でバイトしたい、また台湾で働くことで中国語能力を伸ばしたいと書きました。(かなりオーバーに書いた覚えが・・・)

あ、書類はすべて黒か青色のボールペンで書いてくださいね。


2)学生証のコピー(裏表)

必ず裏表のコピーを用意しましょう。

3)語学学校の成績証明書(1年分)

1年分の成績証明証を準備します。もし語学学校を変えている場合は、現在通っている学校の分だけではなく、以前通っていた学校の成績表も準備しましょう。なお、語学学校に通って1年経っているけど、まだ前学期の成績表が出ていないという場合は6)在学証明証の説明を御覧ください

4)パスポートのコピー

パスポートの顔写真があるページが必要です。

5)銀行の残高証明証

私は台湾の銀行の残高証明証を提出しました。残高何円以上ないとダメ、などの決まりはありません。いくらでも大丈夫です。私は、バイトしないとお金がヤバい!ということをアピールするために、残高をめちゃくちゃ減らしてから財高証明を取りました。

6)在学証明証

これからも語学学校で勉強しますよー。ということを証明するためのものです。前学期の成績証がまだ発行できないときは、この証明証が必要です。

STEP3:語学学校に書類を提出する


全部書類が集めれたら、語学学校に提出しましょう。先方から何日以降に書類を取りに来てください、と言われます。

先方の指定日になりましたら、書類を受け取りに行きます。前回提出した書類の控えなどのほか、学校から「働くことを認めます」的な証明証をもらえます。

STEP4:労動部労動力発展署にて申請する


これらの書類を労動部労動力発展署に提出します。提出方法は2つあります。
1)郵送
2)労動部労動力発展署に行って提出

私は直接提出しました。

労働部労働力発展署は西門駅の近くにあります。


台北労働局

こちらに、語学学校からもらった書類と100元を持っていきましょう。こちらで番号札を取って順番が呼ばれるまで待ちます。

番号が呼ばれたら、工作許可証を申請したい旨を伝え、書類一式を提出します。すると係の人から、別の窓口で100元払い、その領収証をもってまた同じ窓口に来るよう言われます。
当時、別の窓口は入り口入って右側の所にありました。支払い場所が変わっていたとしても、係の人が「あそこでお金を払って」と指さして教えてくれます。

別の窓口で100元支払い、その領収証を書類提出した窓口の人に渡しましょう。係の人から、工作許可証は自宅に送るか語学学校に送るかと聞かれるので、好きな方を伝えてください。

STEP5:ビザをもらう


私の場合は、台湾の祝日を挟んだため、労働部労働力発展署に提出してから大体2週間で届きました。なお、オンライン上で工作許可証の進行状況を見ることもできます。(係の人が受付番号と進行状況を見れるサイトが書いた紙をくれます。)


まとめ

 

 工作許可証を手に入れるのに、私の場合は1か月弱かかりました。書類を集めるのに時間がかかったり、書類を提出してからも即日発行ではないので、待たないといけなかったことが原因です。

また、このビザの使い方ですが、アルバイトする先によって扱いが違うと思うのでバイト先に確認してみてくださいね。