アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

高級車に乗れるチャンスも!?便利な配車サービスアプリ「Uber」

こんにちは。an-miです。今日は台湾で使える便利なアプリ、「Uber」をご紹介します。簡単に言うと配車サービスのアプリなのですが、タクシーとは違い、行きたいところに的確に行けたり、運が良ければ高級車に乗ることもできます。

Uberとは

Uberとは


車の配車サービスです。アプリ上で出発点と目的地を設定し、車を手配することができます。
タクシーと違い、Uberに登録している個人のドライバーが迎えに来ますので、個人の車に乗ることになります。料金はアプリ上で金額が表示されるので、事前に料金がわかります。
お金の支払いもアプリ上で行われるので、ドライバーと直接金銭のやり取りをする必要はありません。

残念ながら日本ではまだ本格的に参入はされていないようです。タクシー業界と揉めているのだとか。*2016年11月現在。

私はオーストラリアに住んでいる友人に教えてもらったのですが、オーストラリアではタクシーよりも安く、サービスが良いと大盛況なのだそう。台湾人からUberのことを聞いたことがないので、台湾ではまだまだ認知度は低いようです。


それでは早速Uberの登録方法や使い方をご紹介します。最後にキャンセル料など注意点も挙げていますので、注意点も読んでくださいね。


[2017年1月24日追記]
2017年2月から既存のタクシーも配車可能になるそうです。

Uberの登録方法

Uber登録方法



 

Uber

Uber

  • Uber Technologies, Inc.
  • 旅行
  • 無料

 


まずは、Uberのアプリをダウンロードしましょう。

ダウンロード後に以下の必要な情報を登録します。

・名前
・メールアドレス
・電話番号
・クレジットカードの情報

お金の決済は全てクレジットカードで行われます

Uberの使い方

Uber使い方

 

こちらがアプリの画面です。
画像上の車のイラストは、現在Uberの車が走っている場所です。


1)乗車場所(出発点)をマップ上で指定する
枠のところで乗車場所を決定できます。住所を直接入力するか、マップ上のピンを移動させて乗車場所を決定します。
場所が決まったら、枠のところをタップしましょう。

台湾Uber使い方


2)確認画面

乗車場所を設定した後の画面です。画面の説明をします。

①・・・乗車場所がはっきりしていない場合はこのような表示が出ます。台北駅のように大きな建物を乗車場所に指定した場合、どのドアの前で待ち合わせか正確に決める必要があります。
例)台北駅の場合:東三門ドア前、西一門ドア前など

②・・・登録したクレジットカード情報が表示されます。
③・・・配車を手配する前に見積もり依頼を行うことができます。見積もり画面で行き先を決定し、見積もり結果を出してもらいます。
④・・・Uberのアプリを友人に紹介した場合、クーポンがもらえます。クーポンを持っている場合は、クーポンコードをこちらで記入しましょう。
⑤・・・Uberを依頼します。


台湾Uber配車手配


3)見積もり依頼

「見積もり依頼」をした場合、行き先を入力すると、料金の目安が表示されます。
上記の場合は台北駅付近から台北101まで行った場合、最安で134元、高くて170元料金が発生します。


4)配車依頼

「⑤UberXを依頼する」をタップすると配車手配完了です。
見積もり時に降車場所(目的地)を指定していない場合は、このときに降車場所を入力します。

配車手配が完了すると、配車した車がリアルタイムで動き、あと何分で乗車場所に到着するか表示されます。
さらに、車のナンバー下2桁、車の車種、ドライバーの名前と顔写真が表示されます。
車の車種は写真でも表示されるのですが、小さくてわかりにくいので、待っている間に外見を検索しておくといいでしょう。
また、ドライバーに電話をかけることもできるので、乗車前に用事がありましたら電話をかけることもできます。(ただし、ドライバーが英語が話せるとは限りません。)

5)配車した車に乗車する

配車した車が到着したら乗車しましょう。行き先はアプリで入力しているので、告げる必要はありません。

6)目的地に到着する

目的地に到着したらドライバーさんにお礼を言って、そのまま降りましょう。料金はクレジット払いなので、現金のやり取りはありません。

7)領収書受理とドライバー評価

領収書は乗車後にメールで届きます。約1日後に届きます。また、領収書にはドライバーを評価するよう、記載されています。
評価は星マーク5段階に分かれていて、星が多いほど評価が高くなります。高評価をつけるとドライバーさんの給料が上がる(らしい)ので、いいドライバーさん当たりましたら、積極的に高評価をつけてあげてくださいね。


なお、深夜の場合は深夜料金が発生します。深夜料金は通常料金の1.XX倍になります。1.XX倍はそのときによって違うようです。

Uberの利点


・タクシーが通ってなくても、車を手配できるので、タクシーを探しに行く必要がない。
・アプリ上で目的地を設定できるので、運転手に目的地を告げる必要がない。(中国語が話せなくても、行きたい場所に行ける。)
・タクシーよりも少し安く乗車することができる。
・車によっては充電器がついていたり、ドリンクを置いている車もある。
・運が良ければ高級車に乗れる。

Uberの注意点


・Uberの車が現在地より遠い場所にいる場合、10分ほど待たされる可能性もある。
・配車予約して 5 分以上経過した後のキャンセル、また、ドライバーが乗車場所で 5 分以上待機し、キャンセルせざるを得なくなくなった場合にはキャンセル料が発生する。(キャンセル料は40元*2016年11月現在
・ドライバーは英語を話せない場合が多いので、ドライバーから電話がかかってきたときに対応できない。
・Wifiが使えないと配車手配できない。
・個人の車のため、女性一人では深夜利用を避けたほうが良い。

利用した感想


私は3回利用したのですが、お水をつけてくれたり、充電器が用意されている車があったりと快適でした。また、車はとても綺麗なものばかりです。最新そうなBMWやレクサスに乗ることができ、全く車に詳しくない私でもテンションが上がりました!
ドライバーさんの年代はばらばらで、お昼はお仕事をしていて、副業でドライバーをしている人が多い印象を受けました。

まとめ


Uberの車はタクシーほどたくさん走っているわけではありません。なので、車が来るまで長時間待つ場合もあります。もし、あなたが台北駅にいるなら、たくさんタクシーが待機しているので、Uberを待つよりもタクシーに乗ったほうが早い場合もあります。

例えば、私は一度台北駅から自宅までUberを手配したことがあるのですが、台北駅周辺は混雑しているのでなかなか車が来ない上に、車がたくさんいてどれが手配した車かわからなかったことがあります。
ドライバーから電話があったのですが、中国語がわからなくて結局キャンセル→キャンセル料を取られる事態になりました。
なので、台北駅など混雑している場所やタクシーがたくさんいる場所ではタクシーを利用するのがいいでしょう。

逆に、タクシーが走っていない場所でタクシーを捕まえるのって難しいですよね。わざわざタクシーを探さないといけないです。そんなときにUberを使うと便利です。
また、目的地が観光地でないとき、タクシーの運転手さんに目的地を告げるのって難易度が高いですよね。Uberは事前に目的地の場所を指定できるので、そんな苦労もかかりません。
日本の曲をかけてくれたり、降車場所の融通が利いたりとサービスが良いです。


台湾を快適に車で移動するために、状況に応じてタクシーとUber、両方上手に使い分けてみてはいかがでしょうか。