アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

台湾で家を探す方法

こんにちは。an-miです。
今回は台湾留学に必須、家探しについて紹介します。
しばらく住むことになるお家ですので、妥協せずに探したいですね。

家を探す時の選択肢は?


台湾に住むことになったら選択肢は主に下記でしょう。

・シェアハウスに住む
・ルームメイト募集掲示板で家を見つける
・すでに台湾に住んでいる友人の家に一緒に住む(知人同士のルームシェア)
・ホームステイ
・学校の寮
・一人暮らし

さて、どれが一番いいのでしょうか?
留学の背景は人それぞれですので、どれが一番いいとは言えませんが、皆様の家探しの参考になれば幸いです。

台湾のシェアハウスは高い!?



私は日本でシェアハウスに住んだ経験があります。というよりも、実家以外だとシェアハウスしか住んだことがありません。大阪で2箇所、京都で1箇所住んでいました。
その経験から言いますと、台湾のシェアハウスは高いです。日本で言いますと、シェアハウスというと一人暮らしよりも安かったり、一人暮らしではなかなか用意できない豪華な設備があったりと一人暮らしよりはるかにメリットがあります。

一方、台湾ではシェアハウス自体が少なく、また値段も高めです。最初からキッチンや家具など設備が整っていますが、そもそも台湾の一人暮らしの家は初めから家具がついています。

シェアハウスに住むメリットは、住人と仲良くなりやすく、友人ができやすい、キッチンが付いており、鍋など一通りの設備はそろっているなどがあります。
台湾に知人がおらず、すぐに作りたい方はシェアハウスに住むのも一つの手です。

どうしてもシェアハウスに住みたい方は下記のようなサイトがあります。
家を見つけるまでの短期間だけ住むことも可能ですが、事務手数料が取られたり、
1ヶ月だけの短期は受け付けていないなど制約があります。

*以下、すべて台北です。

BORDERLESS HOUSE

日本企業経営のシェアハウスです。

 

www.25room.tw

 

t.guesthouse-sole.com


www.zuker.com.tw

 

英語が話せるならルームメイト掲示板で探すもあり!?

台湾人や他の国の人がルームメイトを募集している掲示板があります。
基本的には中国語か英語のサイトです。そのため、中国語か英語を話せる人が入居条件になってくるでしょう。

赤の他人のところに住むので、ルームメイトを募集している人がどのような条件でその家を借りたか、家のルールは何か、など知っておくことは非常に大事でしょう。異国での家トラブルはしんどいです。

どこかに仮住まいをして、その後一人暮らしをする予定の人は、シェアハウスよりルームシェアの方がいいかもしれません。

ルームメイトを探す時は「Roommate Taiwan」などで調べればたくさん出てきます。

知人の家に住む



すでに台湾に友人がいて、かつ家が広いならば一緒に住ませてもらってもいいと思います。ただし、家によっては2人入居の場合は家賃が高くなる場合があります。知人に確認を取ってから住むか決めましょう。

私は友人の家に数日泊まらせてもらってから一人暮らしの家を決めました。

学生ならホームステイが安心?



学生の方が留学するならば、ホームステイは親御さんも安心だと思います。
ただし、ホームステイの方が家賃が高いです。
ホームステイはしたこともしている友人もしらないので、すみませんがこれ以上の情報はわからないです。

台湾大学は寮がない!



正確にいいますと、台湾大学内に寮はあります。ただし、大学生・大学院生向けで、語学学生は入寮できません。
他の大学だと寮がある場合もあります。

台湾大学に語学学生が入寮できる寮はありませんが、どの語学学校に通っていても入れる「台北国際学舎」という寮が新北市新店区にあります。
この寮は場所の割に少し高めですが、学校によってはスクールバスが出ていますので、通学費用は節約できます。


一人暮らしをする



一年くらい住むのでしたら一人暮らしがいいのではないかなと思います。
部屋によって家具の種類や条件は違いますが、家具付きがほとんどです。

ただ、一人暮らしと言いましても、日本のようなタイプの一人暮らしの家は非常に高いです。それではなく、玄関共用、洗濯機共用、シャワー共用などのタイプにするとお手頃価格で家を探せます。
部屋のタイプは主にこのようになっています。

・獨立套房
個室。ただし、玄関が個別とは限りません。シャワー・トイレなどが各自の部屋にあります。
・分租套房
玄関共同。シャワー・トイレなどが各自の部屋にあります。洗濯機は共同のところが多いです。
・雅房
玄関、キッチンやシャワーなどが共用。その分お値段お安め。

また、部屋によっては女性専用、男性専用など分かれております。

ここまで読んで、何がシェアハウスと違うねん!一緒やん!と思われた方。私も最初はそう思いました。
でも、私が住んでいる家のタイプは分租套房なのですが、やっぱりシェアハウスと違うなあーと思います。何が違うかというと、部屋同士の交流が全然ないのです。
私が外国人だからではなく、他の人も特に交流がなさそうな気配・・・。一応、同じ家のグループLINEはあるのですが、それを見てても特に仲良い感じではないです。
うちの家だけなのですかね・・・?


一人暮らしの家を探す時はある程度中国語ができるようになってからか、台湾人の人と一緒に家を見に行くことを強くオススメします。
やはり日本人は外国人なので、大家さんによっては日本人一人で家を探しに来ても貸してくれない場合が多々あります。私も何回も断られたり、家賃半年分を先払いすることを条件とされたりしました。
台湾では日本のように保証人は必要ないのですが、外国人ということで、台湾人の保証人を要求されることもあります。


賃貸情報のサイトはたくさんあります。そのいくつかをご紹介します。

www.591.com.tw

 

www.17rent.com.tw

 

www.twhouses.com.tw



591が一番有名で扱っている物件数も多いですね。同じ物件が複数のサイトに掲載されいることもあります。その場合、591よりも他のサイトの方が少し家賃が安い場合があります。まず、591で探してから、他のサイトに掲載されていないかチェックするのがオススメです。

591はアプリバージョンもあって、スマホから家を探す時はアプリの方が地図が出て便利です。アプリの利用料は無料です。

 

591房屋交易

591房屋交易

  • 數字科技股份有限公司
  • ライフスタイル
  • 無料

 


an-miの場合は最初は知人の家に住み、591のサイトを見て家探しをしていました。何軒か内覧させてもらい、最終的には591ではなく、友人が見つけた台湾の掲示板に掲載している物件に決めました。

台灣租屋網は日本語バージョンもあります。

台湾で一人暮らしをするときの注意点



1)必ず部屋の内覧に行くこと
みなさん、結構適当で、獨立套房といいながら、分租套房やん、これ!ということが多々あります。実際私の家もそうでした。獨立套房と書いていたのですが、見に行くと玄関・洗濯機が共同でした。

2)事故物件かどうか
日本でもとても安い物件って事故物件だったりしますよね?
台湾でも事故物件ってあるんです。知らぬが仏ということわざもありますが、
気になる方はこのサイトに事故物件がまとめられていますので、チェックしてみてください。
an-miは怖くて見れなかったです・・・。

unluckyhouse.com

 

この事故物件サイトは台湾人でも知らない人は多いので、参考程度に心に留めておいていただければと思います。
それではみなさまも素敵な台湾ライフを〜。