アラサー、台湾へ渡る

台湾の現地情報や留学情報をアラサー目線でお伝えします

台湾のお正月に関する中国語

こんにちは。an-miです。年末ですね。台湾では日本などと同じく1月1日から新しい年としてお祝いする年始と、台湾古来からの旧正月、ある意味2回正月があります。台湾の旧正月(春節)は旧暦に基づいており、毎年日付が異なります。
今回は、台湾の正月関係の中国語を紹介します。

 

台湾新年に関する中国語

 

正月に関する中国語


・跨年(kua2nian4)
 (12月31日から1月1日の)年越しのこと

・元旦(yuan2dan4)
 1月1日のこと。日本と同じ


・除夕(chu2xi4)
 旧正月の大晦日のこと

・過年(guo4nian2)

 旧正月の年越しからお正月の期間のこと

・寒假(han2jia4)
 冬休み


尾牙(wei3ya2)
 会社の忘年会のこと。日本の忘年会と違い、大規模なものが1回行われます
 友人の会社ですと、1日がかりで全社員参加による運動会をするのだとか(笑)
 経費は会社負担のところが多い様です。もちろん夜は皆さんでお食事に行かれます

・年夜飯(nian2ye2fan4)

 大晦日の夕食のこと。日本の年越しそばに近いです
 日本の年越しそばと違って色々な料理があり、豪華です

・年貨(nian2huo4)
 お正月用品のこと。日本人にも大人気の観光地「迪化街」は年末になると、年貨を
 買いに来るお客さんで溢れかえります

・壓歲錢(ya1sui4qian2)
 お年玉のこと。日本ではぽち袋に入れますが、台湾では専用の赤色の袋に入れます


・初一(chu1yi1)
 旧正月の元旦のこと。「祭祖(ji4zi3)」といい、祖先を祀る日です。父方の実家に行く方が多い様です

・初二(chu1er4)
 「回娘家(hui2nian2jia1)」といい、母方の実家に行く方が多いです

・初四(chu1si4)
 「財宝神(cai2bao3shen2)」といい、お金の神様を祀る日です

・初五(chu1wu3)
 お金の神様を迎える日です。お金の神様を呼び込むために、爆竹を鳴らしたりする
 ので派手ですよ



新年快樂(xin1nian2kuai4le)
 あけましておめでとう

・恭喜(gong1xi1)
 おめでとう。正月以外にもおめでたいときに言います

・過年你怎麼過?
 正月はどんな風に過ごすの?新暦の正月のことを聞く場合は「過年」を「跨年」に
 変えて聞きましょう

 

台湾の年末ってどんな感じ?


台湾では旧暦の正月がメインですので、皆さんはギリギリまで仕事や授業があるので年末だという気がしません。また、正月に関する行事ごとも旧正月にあり、年末年始の休みも少ないので年末の実感がありません。

12月31日の今日でも、台北の街はまだクリスマスの飾りで溢れています(笑)。
そして近所のスーパーではクリスマスソングが流れておりました。今日、12月31日になっても流れているのですよ!(笑)
気温も暖かいので、明日から2017年になる実感がありません。台湾では旧正月が本当の正月ですから、無理のないことかもしれませんね。


台北では各地で無料の音楽ライブが開催され、年越しの瞬間には台北101で花火が上がります。
台北101付近が大変混雑しており、場所によっては交通規制がかかります。

年末年始の台北MRT営業時間は



年末年始から元旦にかけ、台北のMRTは夜中も運行しております。

台湾年始のMRT運行状況
台北MRTホームページより抜粋

特に中心地では混雑し、交通規制もかかるため、タクシーすら捕まえるのは難しそうなので、ありがたいですね。

皆さまも素敵な新年をお迎えください!